不動産の営業事務からITエンジニアへ!未経験から成長できた理由とは?

  • facebook
  • twitter
  • hatena bookmark

IT未経験者(第二新卒)をぞくぞく採用するSHIFT。まったくの異業種からエンジニアへと転身した彼らは、実際どのような成長を遂げているのか?いまの活躍の背景にある、想いや経験に迫ります!

東野
東野

株式会社SHIFT サービス&テクノロジー本部 技術統括部 DevOps推進部 アジャイル推進1グループ所属。

前職は、不動産会社で営業事務として入社。コロナ禍に左右されない会社で手に職をつけて働きたいと考え、2021年8月にSHIFTに入社。現在は、通信系の案件でテストの設計・実行業務、新規の案件参画者へのフォローも行い、幅広く業務を担当。前職の経験を活かしながら、SHIFTにてさらなるキャリアアップを目指し、活躍中。

森

森(聞き手)
株式会社SHIFT 人事本部 人材戦略統括部 採用開発部 採用開発グループ所属。2022年8月にSHIFTへ入社。これまで日系航空会社のグランドスタッフ、ITインフラ企業の採用人事を経験。 SHIFTでは二卒採用チームにて、未経験採用における一連の業務を担当。2022年11月に出身地の宮城県へのUターンを叶え、仙台拠点をさらに盛り上げていく。

前職はコロナ禍で業績ダウン・・・挑戦しながら長く働ける会社へ転職したい!

森:前職での営業事務はどのようなことをやっていたのですか?

東野:不動産会社の営業事務として勤務していました。営業のアシスタントとして、電話や来客対応、物件や顧客データの管理を行っていたり、請求書の作成や予算管理、備品の発注業務など経理・庶務業務も行っていたりしました。

森:営業事務のお仕事からITエンジニアへ大きなキャリアチェンジとなりましたが、転職を考えたきっかけは何でしたか?

東野:前職は不動産業界だったので、コロナ禍でダイレクトにダメージを受けたということが一番です。対面で営業ができず業績がダウンしてしまい、人も辞めてしまって。そこで、コロナ禍でも影響を受けておらず、手に職をつけて、長く働けるような業界に転職したいなと思ったのです。

森:将来への不安が大きかったのですね。ちなみにその他に前職で懸念を感じていたことはありますか?

東野:評価の面ですね。評価制度はあったのですが、年功序列で、良いことをしても社歴が長くないとあまり評価してもらえない感じで。やりがいを感じられず、退屈に感じてしまったところがありました。いろんな会社があるなかで、若いうちに今後のキャリアを考えて、挑戦できるような環境で働きたいとも思っていました。

森:では、次のお仕事はどういった業界を見ていましたか?

東野:最初はいろんな業界を見ていました。営業事務をやっていたので事務系でも探していたのですが、やっぱり手に職をつけられる業界としてはITが強いなと思いました。今後の社会と切っても切り離せない領域ですし、専門知識も身につくと思ったので、IT業界に徐々に絞り込んでいったという感じですね。

森:コロナ禍というところが転職のきっかけになっていた分、IT業界ってより魅力に感じますよね。IT業界以外に転職の軸にしていたことはありますか?

東野:年功序列をネックに思っていたので、フラットな社風というか、最低限の上下関係を保ちつつも、相談とか意見は対等に言えるような環境が良いなと思って、そういう社風があるかは一つの判断材料にしていました。あとは未経験でも研修とかフォローをやってくれる会社がいいなと思っていました。

森:いろいろIT業界を見ていたなかで、最終的にSHIFTに決めた理由はなんでしたか?

東野:軸に一致していたというのは大前提としてあるのですが、SHIFTは業績が毎年成長しつづけていて、勢いがある会社だなと。ブルーオーシャン市場でここまで成長しつづけているというところに、他の会社にはない魅力をすごく感じましたね。あとは、評価制度に力を入れていることは、説明会でも入社する前のオファー面談でも説明を受けたので、細かく職級を定めていて社員の目標を明確にできるように取り組んでいるところに魅力を感じましたね!

森:SHIFTの評価制度に安心感をもっていただけたのですね!

東野:そうですね。今後、自分のキャリアを考えるうえで、目指すべき指標がこんなにあるんだというのは、いろんな選択肢が自分の中で生まれますし、一つのレールに沿って成長していくわけじゃないんだっていう面白さを感じましたね。

森:東野さんの挑戦意欲を感じます!ちなみに残業など働き方の面でSHIFTに魅力を感じた点はありますか?

東野:残業時間は見ていましたね!私が選考を受けた当時は、ひと月あたりの平均残業時間は10時間以下と聞いていて。知り合いにIT業界で働いている人が多かったのですが、結構残業しているイメージがあって……本当か?と思っていたんですけど(笑) 、実際に入ってみて、そこはギャップに感じていないというか、その通りだなと思いましたね。

森:入社して実感いただいて良かったです(笑)。 東野さんは長く働きたいというところが大元にあったからこそ残業時間は響いたポイントだったのではないでしょうか。

東野:そうですね。長い目で見たときに、業務内容じゃなくて働き方の面で限界を感じてしまうのは嫌だなと思ったので、納得して入社することができました!

関係者の間に立って円滑なコミュニケーションを生み出す。活かすことができた営業事務のスキル

森:SHIFT入社後はどんなお仕事をされていますか?

東野:通信系の案件でテストの設計・実行を行っています。案件のなかで複数のプロジェクトが動いていて、その内の一つのプロジェクトのテスト設計・実行を担当しています。メインの業務に付随して、新しい方がチームに入ってきた際の指導やフォローもしています。

森:残業時間や働き方の面ではギャップがないとのことだったのですが、逆に入社して感じたギャップはありましたか?

東野:前職は対面でのお仕事だったのでフル出社だったのですが、SHIFTではほぼフルリモートで研修からリモートというのが、最初はどうコミュニケーションとるのだろうという不安がありましたね。

森:働き方の違いは不安に感じますよね。その不安はどのように払しょくしていったのでしょうか?

東野:入った案件のチームのメンバーが、フランクに話してくれる雰囲気でした。私より1ヶ月くらい前に入った方がめちゃくちゃ質問をする人だったので、「こんな感じで質問していいんだ」と学び、その方と同じようにチャットだったりWeb会議を使ったりすることで、リモートであっても対面と変わらないようなコミュニケーションをとれるようになりました。

森:お手本になるような方がいたのは大きいですね!前職からの経験をいまの業務で活かせていると感じることはありますか?

東野:営業事務のお仕事は自分がサポートに徹する立場でした。外部のお客様ともお話しつつ、内部の営業の方と連携をとらないといけない職種だったので、コミュニケーションの取り方を活かせているのかなと思います。

森:どんなときに、それを実感しますか?

東野:SHIFTでは情報収集が重要だなと感じる場面が多くあります。SHIFTが開発したシステムをテストするのではなくて、お客様が開発したシステムを深く理解したうえで、テスト設計をしなければいけないので、認識の齟齬なくチーム内の全員がシステムを正しく理解できるよう、お客様や各所の間に入って確認することが生じるのです。

森:円滑に進めるためにコミュニケーションはとても大事ですね!これまでさまざまな経験をされていると思うのですが、働く上でモチベーションとしていることはどんなことですか?

東野:やったことに対してちゃんと評価してくれることがやりがい、モチベーションアップに繋がっています。半年に1回の目標設定の際に上長から、こういうこと求めているんだよ、期待しているんだよと話してもらえるのは、前職ではなかったことでした。こういう能力があるから、こういうことができるんじゃないかなという視点で話してもらえる場があるのはすごくありがたいです。

活躍する女性、若手メンバーが身近にいる。彼らに刺激を受けて目標も大きくなる

森:東野さんが感じている SHIFTの魅力を教えてください!

東野:働いてみて思ったのは、本当に年功序列が無いし、男女を区別して何かを語られることが無いなと感じています。女性で活躍されている方がすごく多くて、いまのチームも女性の方がリーダーをやられていたり、チームの半分は女性だったり。

やりたいことに対して手を挙げている社員にそういう機会を与えたり、耳を傾けたりしてくれる人が多いなと思うので、やりたいことや発信したいことがある方は良い環境だと思います。これからますます多くのシステムが世にリリースされていくなかで、品質は相当重要なポイント。そこで幅広く知識が得られる点がSHIFTで働く魅力だと思いますね。

森:女性で活躍している方が多いと、将来像やロールモデルになるような人もそれだけ多くいるっていうのも感じられますよね。

東野:そうですね、身近に感じます。サポート体制の強さがあるので、年齢問わずに若手が活躍しやすい環境があると感じますね。

森:では、これから挑戦したいことや成し遂げたいことはありますか?

東野:アジャイル案件でより良い品質保証を提供できるような、テスト戦略から介入できるような支援の動きをしていきたいなって思っています。

森:それを叶えるためにこれからどういう取り組みをしていきますか?

東野:まずはアジャイルの知識を深めることと、体系的なITの専門知識の習得やJSTQBの資格を取りたいです。案件の中で得た知識をどうアウトプットしていくかというところも考えていきたいなと思っています。

森:最後になりますが、転職のときに悩んでいる自分にアドバイスをするとしたら何を伝えたいですか?

東野:SHIFTに入社して良かったよというのは言いたいですね!今まで見えなかったような視点を切り拓くことができたと感じるので。キャリアチェンジは思い切りではあると思うのですが、やっぱり挑戦して良かったなと思いますね。

森:純粋にそのお言葉が聞けてとても嬉しい気持ちになりました!東野さんの今後のご活躍を期待しています。ありがとうございました!

未経験からIT業界にチャレンジするならSHIFT!

この記事をかいた人はこちら