若手エンジニア向けのワークショップ「WACATE」に参加してきました


みなさん、こんにちは。技術推進部 技術推進グループの春田です。
6/16(土)、6/17(日)とWACATEに参加してきました。

WACATEというのは、若手エンジニア向けのワークショップで、
1泊2日で泊まりがけ(※例年@神奈川県三浦)で行うワークショップ型の勉強会です。

説明にあるとおり、社外の初対面の人たちと泊まりがけで参加型の勉強会という、
かなりのコミュ力を要求されそうなイベントなこともあり、
面白そうだとは思うものの、参加を迷っていました。

今年は、WACATEに初めて参加しようとしている人向けに、
WACATEの雰囲気を掴んでもらうためのプレイベントというのが開催されたので、
そのプレイベントに参加したところ、結構いい雰囲気だったので、参加を決めました。
いざ行ってみると得るものがかなりあって、興味がある人向けに
私の感想を書きたいと思います。

WACATEというからには、本当の若手しかいないのではないかと思っていたのですが、
そんなことはなく、20代から40代以上の方まで、幅広い年齢の方がいました。

出身も、第三者検証会社、QA、開発者とさまざまな人たちが集まっています。
女性は3〜4割くらいだったと思います。結構、門戸が広いなという印象です。

私と同じように、開発者から第三者検証にキャリアチェンジした人も結構いました。

何をやるのか?というと、大きく分けて、
講義、ワークショップ、宴会&交流会の3つで構成されています。

今年は、「モデリング」がテーマだったので、アクティビティ図や状態遷移図といった、
各モデリング技術についての講義やワークショップを社外の方々と一緒にやりました。

テスト分析を行うときにテスト対象をいろいろな視点で表現をすることが、
テスト対象の理解には必要だと思っており、表現方法の1つとして参考になりそうだと。
今後も積極的に使っていきたいと思います。

特に、状態遷移図はエンタープライズ系でも
ワークフローシステムや画面遷移のテストに使えると思いますので、
テストに興味がある人は勉強すると良いと思います。

話を戻すと、基本的に、グループワークが中心なので、自然とみんな仲良くなります。
宴会&交流会も、社外の方々と自分がやっていること、
興味を持っていることを語るような感じです。
同じようなキャリアを歩んでいる人や社外の有名な人と交流ができて良かったです。

正直、2日間かけて初対面の人とワークショップするということに対して
構えているところがありましたが、 いざ行ってみると、技術で殴ってくる人も、
マウントかけてくる人もおらず、心穏やかに2日間を過ごすことができました。

また、常連さんだけで固まるようなこともなく、
経験者が初参加をリードするという空気ができていて、
初参加の人・若手の人が積極的に参加できるような
気配りや工夫がされているように感じました。

周りの人が聞いてくれる、助けてくれるという安心感があると、
こんなに自由に発言できるんですねーと思いました。
心理的安全性って、本当に大事ですね。
今回は、初参加の人が半数以上を占めていましたし、
毎回、初参加の人は一定数いるみたいなので、
初めてだからついていけないかも、と思っている人は心配しなくていいと思います。

社外の人と議論をしたり、一緒にワークショップという共同作業をすることで、
いくつか気づきがありました。
今回のテーマは「モデリング」だったので、
あるお題に対してモデルを使って表現するというワークを行ったのですが、
どのようなモデルを使うか、お題をどのようにモデルに表現するか、という考え方について、
自分とは違う考え方にふれて、理解が深まった気がします。

それにしても、みなさん立派だなと思いました。

テスト設計の考え方だけでなく、グループワークでのファシリテーション力や
人前で説明する力といった、テストに限らないスキルがみなさんついているな、と思いました。
すごいな、と思う人に会って、気軽に話ができることも、WACATEの良さである気がします。
そんな人たちの話を聞く中で、知らなかった、
聞いたことなかった技術を知ることができるのも、良いことかなと思います。

私も後で調べようと思ったことが、いくつもあります。

社外勉強会にでると、社外の人から刺激を受けて、頑張ろうと思うことはよくあると思います。
私はこうした社外のイベントや勉強会に出ると、自分はこれもあれもできていない、
これやらないとやばい、という危機感、焦燥感の方が強いのですが、
WACATEはこういう感じでいたい、こういう感じっていいな、
というようにポジティブなモチベーションを持てる環境なような気がします。
雰囲気が良いのだろうと思います。

そのほか、私のWACATEのおススメポイントは、
ご飯がおいしい、温泉に入れる、テスト業界の著名人に会える・知り合える、
社外の人と交流できる、 ワークショップで学べる、
立派な人たちとかかわることで、次への刺激になる、などです。

▲三浦の宿泊先

テストを勉強したい人、刺激が欲しい人、世界を広げたい人、
何かに悩んでいる人、何かのきっかけが欲しい人、
などなど、そういった人にWACATEはおススメです。
ただ、やっぱり、一番は本当の若手の人におススメかなと思います。

この記事をかいた人はこちら